任意売却での買主との引越し交渉

任意売却での買主との引越し交渉

任意売却の場合、競売と違って、引越しがかなり楽になります。
競売の場合は、任意売却と違って強制退去という形になりますから、こちらの都合とは無関係に追い出されてしまいます。
しかし、任意売却であれば、買主と交渉しながら、引越しについても決めていくことになり、時期をある程度選ぶことができます。

例えば、子どもの転校の都合上、夏休みや冬休みなどの長期休暇中の引越しにしたいとか、引越し先を見つけるのに手間取っているからもう少し待ってほしい、といったこちらの事情に配慮してもらうことができます。

任意売却後も無理なく生活の再建が図れることになります。
ただ、買主にも、もちろん都合というものがありますから、あまり無茶な注文をつけて困らせていいわけではありません。

任意売却では、買主との良好な関係を保つことが大事というのは忘れないようにしましょう。

 

任意売却の場合の必要な費用

任意売却の場合には、必要な費用というのは了解してくれるのでしょうか?

任意売却において、債権者が売却に必要な費用を了解してくれるかどうかということは、任意売却については大切なことです。

住宅ローンだけの抵当権を不動産の権利関係について設けているのであれば、債権者に必要な費用を了解してもらうことで、任意売却は成り立ちます。

しかしながら、場合によっては、豊かなノウハウと経験を持っているような専門の業者でないと任意売却は成り立たなくなるため、任意売却を依頼する業者の選択は大切です。

任意売却が仮に成り立たなかった際には、競売にかけることになってしまいます。

任意売却において、ほとんどの業者からは費用などは請求されないということです。

 

【神奈川県(他市・町)】
相模原市/ 鎌倉市/ 逗子市/ 三浦市/ 葉山町/ 厚木市/ 大和市/ 海老名市/ 座間市/ 綾瀬市
愛川町/ 平塚市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 秦野市/ 伊勢原市/ 寒川町/ 大磯町/
南足柄市/ 中井町/ 大井町/ 松田町/ 小田原市

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar