任意売却はどのようなものでしょうか

任意売却はどのようなものでしょうか

任意売却を行うとメリットがあるそうですが、任意売却はどのようなものでしょうか?

任意売却というのは、住宅ローンなどを借りている人と金融機関が話し合って、不動産の処分を行う手続きです。

不動産を購入する場合うに、住宅ローンなどのお金をほとんどの人は金融機関から借ります。

金融機関は担保として、抵当権などを不動産に設定しますが、この不動産を売却する際には抵当権などの登記を抹消してもらうことが必要です。

抵当権などの登録を抹消してもらうには、全ての融資金の残額を返済することが必要です。

住宅ローンの残高よりも下回る金額でしか売却できない際には全額の返済を行うことができません。

このような場合に、金融機関などの了解をもらって不動産を売却して、返済できなかった債務が残った状態で抵当権などを解除してもらいます。

このようなことを任意売却といいます。

任意売却を行う場合には、不動産を売却するため、金融機関などの了解をもらうことが必要です。

 

任意整理と任意売却について

少し似ている言葉があります。

それは任意整理と任意売却というものです。

似ているようで内容は似ていなかったりするのですが、実はかなり同時に行われる可能性も高いものになります。

両方とも似ている部分としては借金問題に関わっているという部分です。

借金を解決するために任意整理と任意売却は存在しています。
任意整理については、主に消費者金融といったところの借金に対応しています。

そちらの借金を整理することができるのが任意整理です。

一方で任意売却は住宅に関わる借金のたうい所方法です。

住宅を売却する方法と言ってもよいでしょうそれらの任意整理と任意売却というものですが、具体的に借金をたくさんしてしまっている方に行われるものです。

同時に行う例としては住宅ローンと消費者金融を同時に利用している場合です。

住宅ローンについては任意売却で対処します。

一方で消費者金融については任意整理で対処します。

以上のような方法で借金を解決した方も多いので注目です。

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar