任意売却を不動産業者に依頼した場合

任意売却を不動産業者に依頼した場合

ローンの支払いができなくなってしまいますと、住宅を担保などに入れていれば住宅を失ってしまいます。

住まいをなくしてしまうということはある意味、最悪の事態といってもよいでしょう。

そういったことは避けたいと思っても、なかなか避けられるようなものではありません。

住宅ローン場合は特に金額も大きいので、問題解決のために住宅を失う選択肢も持っておくべきです。

 

その選択肢の中には任意売却があります。

任意売却をする時には二つの選択肢があります。

まずは任意売却を任意売却の専門業者にしていただくという方法です。

そしてもう一つは任意売却を不動産業者にお願いするケースです。

 

仮に任意売却を不動産業者にお願いすることになるとリスクがあります。

任意売却を取り扱ったことのない業者も存在しています。

そうなると手続きの進め方が分からない場合もあります。

結果的に時間だけがすぎ、競売に移行してしまうこともあります。
安全性を考えたら専門業者にお願いすべきです。

 

任意売却会社を選ぶポイント

任意売却を気持ちよく終えるためには、こちらの話をきちんと聞いてくれる親切な任意売却会社を見つけることが大切です。

任意売却会社が親切かどうかを見ぬくには、どのぐらい正確な説明をしてくれるかをチェックするのがいいでしょう。

ただ、このとき気をつけるべきは、任意売却会社が「分からない」と回答した場合です。

きちんとした説明を面倒臭がっているだけの場合は問題ですが、必ずしもそうとは限りません。

 

引越し代金がどのぐらい出してもらえそうか、残債がどのぐらいになりそうか、売却までどのぐらいかかりそうかなど、任意売却ではやってみなければ分からないことも多いです。

本当に分からないことについては、「分からない」と回答する任意売却会社の方がむしろ誠実であると言えるのです。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar