賃料値下げの依頼への対応

賃料値下げの依頼への対応

不景気のためもあり、不動産の賃料の値下げを交渉してくれるという話も少なくありません。こういった場合、不動産オーナーとしては、いろいろな対策を考えなければならなくなります。

賃料というのは、基本的には契約のときに決まっていますが、賃料というのは、単純に不動産の価値だけで決まるわけではないため、交渉可能というかたちになっている場合も多いのです。

こういった場合に、不動産オーナーとしては、賃料値下げに応じたくない場合も多いでしょう。そうした場合、たとえば、電気料を下げる、オフィスに新しい設備をつける、など、テナント側が喜ぶような、別の対応を提案するというのもひとつです。そうやって、賃料の下落をできるだけ防いで行かなければなりません。

 

不動産投資は良い借り手を見つけることが成功の秘訣

手持ちの不動産を賃貸にして、毎月家賃収入を得ています。

不動産投資として購入したものではありませんので、一軒だけですが、それでも毎月定期的に、給料とは別に収入があるのは嬉しいことです。

不動産投資を成功させるには、良い借り手を見つけることだと思います。

今まで何人かに不動産を貸しましたが、家賃が必ず遅れる人や家を住居以外の目的で使う人など、想像していなかったケースがありました。
家賃は催促すれば入りますし、汚れた不動産は借り手が綺麗にして退去しましたが、トラブルがあると精神的に穏やかではありません。
今は大手企業の借上社宅として貸すことができていますので、安心です。
自分が住んでいない不動産の管理は、手間のかかるものです。
良い借り手を探して、長く住んでもらえると良いですね。

 

■ 横浜、川崎の不動産情報
不動産投資 節税 不動産投資 失敗 不動産投資 利回り 不動産投資 ローン
不動産投資 物件 不動産投資 東京 不動産投資 神奈川 不動産投資 リスク
不動産投資 セミナー 不動産投資 収益物件 不動産投資 アパート マンション投資
       
       
       
       

 

Calendar